COLLECTION

圧倒されるほどの
優美さ、高貴さをたたえる
工房 ベベタビトのビスクドールたち

アートギャラリーライフで管理しているビスクドールをご紹介いたします。
ジュモーやブリュ、エデンベベなどのフランス人形や、瞳が動いたり開閉する仕掛け人形、幸せを運ぶと言われているピエロなど、旅人容子氏の珠玉の作品たちです。ぜひご覧ください。

ジュモー
ジュモー

「ファッショナブルな衣裳、美しい顔、最上の技術」

ビスクドールの代表的な工房として、ジュモーが挙げられます。
フランスにおける初期のファッションドールは、あくまで美しい衣装を着せ流行を伝えるためのマヌカン人形であり、人形そのものの美しさに関しては、愛玩するほどのレベルではありませんでした。
工房の創始者であるピエール・ジュモーは、当初、中国製のヘッドを用いたファッションドールやイギリスのワックスドールを扱っていました。
1851年のロンドン博覧会で衣装人形デザイン賞を受賞しましたが、これはあくまで人形の衣装に与えられたもので、人形そのものの評価ではなかったようです。一念発起したピエールはその後人形自体の制作にも力を入れ、1855年にはパリ博覧会・ロンドン博覧会にて衣裳だけでなく人形としての美しさを評価されました。
1872年にはそれまで他工房から仕入れていたヘッドを含め、パーツの制作や組み立て、衣装をすべて自社生産できるようになりました。
その後、ピエールの後を継いだ息子のエミールですが、彼もまた優れた職人であり経営者でした。従来のファッションドールの優美さを引き継ぎつつ、エミール独自のあどけないベベドールは数々の賞を受賞し、確固たる地位を築き上げ、人形産業に大きく貢献しました。

ブリュ
ブリュ

「意志の強いまなざしを擁する、完成された美しさ」

ブリュの人形たちは総じて気品のある美しい姿をしています。特に賛美されているのは涼やかな目元で、近寄りがたい美しささえ感じられます。フランスのビスクドールに多く使われているペーパーウェイトグラスアイは、繊細な虹彩を持つガラス工芸ですが、この二つ名である「ブリュの瞳」からも美しさを察することが出来ます。
創始者であるレオン・カシミール・ブリューの時代は数々の特許を取得したことで知られています。一つのヘッドに二つの表情を持つサプライズドールや、関節を自由に動かしポージングを取ることが出来る木製ボディなどのパテント(特許)を得る傍ら、衣装の素材研究を重ねました。
最初のパテント取得から約10年後、ブリュはベベドールに着手しました。初期作品であるブルブテから始まりサークルドット、ブリュ・ジューンと続いていきますが、優しく愛らしい顔から徐々に完成された美へと様変わりしていく様は目を見張るものがあります。
レオン・カシミール・ブリューの後継者であるシェブロの時代は、1885年のパリ博覧会・アントワーブ博覧会での金賞を皮切りに、数々の賞を獲得し全盛期を迎えました。

エデンベベ
エデンベベ

「とびきりチャーミングで親しみやすい表情豊かなべべドール」

エデンベベは19世紀の終わり頃、安価な人形が台頭してきた時代に生まれました。1890年から1899年にはフライシュマン&ブレーデル社、1899年から1953年にはSFBJによって作られていたといわれています。
作家のフライシュマンはドイツ人ですが、フランスで工房を立ち上げたため、エデンベベはフランス人形のくくりに入ります。
なんともいえない顎にかけてのラインと少したれ目の愛くるしさ、やや面長な優しい顔立ちは、特に日本国内で人気の高い人形です。

ケストナー
ケストナー

「大人びた造形が目を引くジャーマンドール」

ドイツにおける最古の総合ドールメイカーがケストナー社です。初期にはペーパーマッシュのファッションドールを作っていましたが、次第に磁器で作られた手足を作り始め、その後ヘッドの制作を開始しました。
1900年代にはグーグリーやキューピー人形などのキャラクタードールも制作しています。

スタイナー
スタイナー

「おぼろげなまなざしに愛らしい少女の面影を写した人形たち」

「フェザーブロウ」という細かく書かれた眉と丸く大きな瞳、ふっくらとした頬、小さな口元はツンと澄ましたように見え、まさにフランス人形といったドールを作っています。
また、元は時計メーカーであったことから、いち早くメカニカルドールの制作を開始しました。トーキングドールやウォーキングドール以外に投げキッスを行う人形もスタイナーによって開発されました。

A・T
A・T

「潤んだ瞳を持つ幻の人形」

A・T≪アーテー≫はアンドレ・ジャン・トュイエという作家による作品です。工房も構えていたようですが、残存する資料が少なく、1875年から1890年までにそのような名前の作家が存在していたという記録しかありません。
1881年のゴーチェの財産目録に未決済分の取引先としてA・トュイエの氏名が記載されており、一時期ゴーチェのヘッドを使用していたと思われます。
A・Tの作品はブリュなどの正統派の美形ではなく、相反する様々な要素がぎりぎりのバランスで組み合わされたゆえの美しさがあります。幼さを感じさせるツンととがった顎や特徴的な鼻の形、きりっと結んだ唇、思慮深く優しいまなざしは、他工房の人形たちに決して引けを取るものではありません。

A・マルク
A・マルク

「けなげでいじらしい人待ち顔の希少なドール」

フランスの彫刻家アルベール・マルクが、かつて断りきれずにひとつだけ顔型を作ったという人形がA・マルクです。(当時、芸術家たる彫刻家が人形の原型を作るということは、不名誉なことであったそうです)
さすがに彫刻家らしく、この型に目を切ってグラスアイをはめ込むことなどを度外視したような造形としての完成度。
左右対称の文句なしの美しさではありませんが、泣き出しそうな表情や幼子らしい愛くるしさは、他に追従を許さないものを感じます。

ピエロ
ピエロ

日本では「ピエロは幸福を運ぶ」と言われています。
工房 ベベタビトではSFBJのラフィングジュモーやA・マルク、A・Tなどをピエロに仕立てています。

仕掛け人形
仕掛け人形

ビスクドールの瞳の多くは、セットアイと呼ばれるグラスアイを石膏で固定した手法が施されていますが、中にはスリーピングアイやフラーティアイと呼ばれる瞳に仕掛けが施されている人形が存在します。
人形を横にすると眠るようにまぶたを閉じるスリーピングアイや、傾けると左右に瞳が動くフラーティアイは、より人形に愛嬌を与え後のキャラクタードールにも使用されています。

参考文献

西洋人形 アンティーク・ビスクドール /
中村公一・名鏡勝朗