アートギャラリーライフは
お人形たちと自由に存分に
対話を楽しんでいただく場です

アートギャラリーライフは、ビスクドール作家 旅人容子氏の寄託を受け、その作品の管理およびお譲り渡しに関するお手伝いの他、常設展示・個展などの運営を通して文化活動の一層の向上及び文化振興を目的とし、活動を開始いたしました。

製造後100年を経たビスクドールは、アンティークドールという呼称で扱われます。アンティークドールであるということはすなわち、100年もの間、幾多の人の手を渡りながら大切にされてきたという証明でもあります。
過去100年を振り返ると、日本に限らず、ビスクドールを盛んに製造していたヨーロッパにおいても二度の大きな戦争や数多くの自然災害を経験しています。現存しているアンティークドールはその戦禍を免れ、大切にされ生き抜いてきた人形たちです。
「戦争は二度とあってはならない。人形を生みだす立場の人間としても、自分が生みだした人形たちが100年先にも壊されたりせず大切に可愛がってくれる人の傍にいてほしいと思うのです」という旅人容子氏の考えに感銘を受け、アートギャラリーライフは設立されました。

美しさの奥に秘められた、
憂いと妖しい凄み
毅然として媚びない強さに
惹かれます

ビスクドールとの初めての出会いは、
チョコレート会社の懸賞品でした。
その素敵なアンティークドールを見たとき、
文字通り身体に衝撃が走ったのを
鮮明に覚えています。
以来、かつての偉大な人形作家達が生み出した
ブリュ、ジュモー、スタイナーといった
アンティークドールを現代に蘇らせたくて、
20余年間お人形を作り続けています。

ビスクドール作家旅人容子

コレクション

圧倒されるほどの美しさをたたえたビスクドールたち

工房 ベベタビトで手がけているビスクドールの最大の特徴は、モールドの個性を損なわないようにしつつも、随所に散りばめた美へのこだわりによって引き出される生き生きとした表情にあります。

例えば哀愁のある表情が有名なジュモー・トリステを例にとると、コレクションには天真爛漫を形にしたような明るく朗らかな表情のトリステもいますし、深遠な雰囲気を醸しだす東洋的なトリステもいます。他にも、純真無垢な妖精のようであったり、少し不安げで人待ち顔のいとけない表情をしていたり、ひたすら穏やかであたたかく、あたかも後光が差しているような慈愛に満ちたトリステなど、様々なタイプの人形たちが生みだされています。
ビスクドールを長年愛されてきた方も、初めて触れる方も、まずはコレクションに並ぶ人形たちをご覧ください。きっとあなた好みの、あるいは目に焼き付いて離れないほどの素敵な出会いがあるはずです。

形のない泥が面(おもて)を持ち、
無から有を生ずるまで

工房 ベベタビトで作られている人形たちは、ドロドロの液体である泥漿から人型を作り出し、目を入れドレスをつくるという気の遠くなるほど様々な工程を経て生みだされています。この無から有を生みだすことこそ、人形制作の喜びの原点であると旅人容子氏は語ります。
ここでは実際に泥漿が人型を得て、美しい面(おもて)が生みだされる様子をご紹介いたします。

お譲り渡しについて

工房 ベベタビトでは毎年、様々な個性を持つ人形が生みだされています。
しかし彼女たちは、面(おもて)を持ち、きれいなドレスを身にまとっていますが、まだ完成している状態ではありません。
人形を望まれた方がその手元に置き、名前をつけ語りかけ、ともに暮らしてくださることによって人形に魂が宿り、愛情を傾けられることによって、その人形は初めて完成を迎えるのだと旅人容子氏は語ります。

年を重ねれば重ねるほどに人形は妖しくも一段と輝きを増していきます。それはきっと愛してくださる方々によって魂が込められ、愛されているという自信に満ちあふれているからなのでしょう。
ぜひ、あなたの手元で完成を迎える人形の美しさをお楽しみください。

コラム