よくあるご質問

Q)ホームページに掲載のビスクドールは販売されていますか?

A)基本的にホームページにお値段の表示されたビスクドールは販売できますが、先約があるお人形、販売済なのにホームページ更新が済んでいないお人形、恒久所蔵品に変更したお人形等がございますので、ビスクドールのお問合せ番号を添えてお尋ね下さい。3営業日以内に回答致します。

Q)作家ブログに掲載のビスクドールは販売されていますか?

A)作家ブログに掲載のお人形は、記事の日付かタイトルをお知らせ下さい。3営業日以内に回答致します。

Q)お迎えの方法は?

A)お譲り可能なビスクドールの場合、大まかな流れは
お振込→当館にて入金確認→配送準備→配送先住所と希望日時のお尋ね→発送→お受取り(送料着払い)です。
お振込から発送までは標準10日~2週間程頂きます。
直接ご来館頂きお譲りを希望される場合も、作家が10日程かけてハンドメイド品をお付け致しますので、原則として上記のお手続きとなりますのでご容赦下さいませ。

Q)決済方法は?

A)決済方法はゆうちょ下記口座へのお振込のみです。
※クレジットカードや現金書き留め等対応しておりませんのでご容赦下さい。

ゆうちょからのお振込の場合

受取人口座名:アートギャラリーライフ
金融機関名 :ゆうちょ銀行
預金種別  :当座
記号番号  :01700-4-127950

ゆうちょ(以外)からのお振込の場合

受取人口座名:アートギャラリーライフ
金融機関名 :ゆうちょ銀行
店番(店名):一七九(イチナナキュウ)店(179)
預金種別  :当座
記号番号  :0127950

Q)配送料は?

A)ゆうパック着払いで発送します。お人形の大きさと配送先で大きく変わりますが、実績は高くても3千円程度です。人形代金が30万円以上となる場合は、最大50万円まで損害補償を受けられるセキュリティサービス(380円)をお付けすることをお薦めします。

Q)写真をもっと見たいのですが?

A)1週間程度頂けますと追加で撮影しEメールやファイル共有サービスにて送信します。ご希望のビスクドールのお問い合わせ番号をお知らせ下さい。

Q)アフターケアの方法とタイミングは?

A)磁器部分、ガラス目は、基本的にメンテナンス不要です。半恒久的に放っておいても劣化はしません。
表面に付着した汚れが気になるときは、柔らかい布で軽くふき取って、取れなければアルコールで拭いてください(アルコールを使用してよいのは磁器、ガラス部分のみです)。

ドレスは時折乾燥した風通しの良い場所に直射日光を避けて安置して下さい(場所が安定していれば着せたままでOK)。
洗えるものの場合は、デリケート衣類用の洗剤で優しく手洗いです。洗えないものは、表面の埃を払ったり、布や「はたき」で軽く叩いて下さい。
その他気になる点はいつでもお尋ね下さい。

Q)修理はできますか?

A)なるべく修理不要なように制作されており、また大切にご愛玩頂いておりますため、実際にこれまでご相談事例はございませんが、何かございましたらその都度お問合せ下さいませ。できる限り対応させて頂きます(※ベベタビト作ビスクドールに限ります)。

ドレスの褪色やボンド付け部等の劣化、すでに年月を経たアンティーク素材部分の劣化はあるでしょうが、基本的には百年後も残るようなものです。経年変化も含めてお楽しみ頂けますと幸いです。
その他気になる点はいつでもお尋ね下さい。

Q)アンティークドールですか?

A)いいえ、アンティークドールとは100年以上前に作られたお人形ですが、当館のお人形はすべて、アンティークドールから型を取り現代の熟達した人形作家・旅人容子氏が泥漿→キャスティング→型抜きと加工→焼成→絵付け→セッティング→ドレス制作と全工程を行った復刻ビスクドールです。

アンティークドールの時代には分業で大量生産していたため、担当者の技量に応じて出来不出来にばらつきがありますが(それもまた魅力です)、一定の経験をもつ現代作家ならば、一人の作家が終始一貫デザインと制作に携わるため、リプロダクトドールには洗練された独自の味わいと完成度があります。旅人氏も、平均して人形一体にひと月をかけてじっくりと完成に導きます。

Q)旅人容子氏のビスクドールにはどんな特徴(魅力)がありますか?

A)すでに300体近いビスクドールを完成させてきた人形作家・旅人氏は円熟期を迎え、「左右対称の造形」「眉やまつ毛の均一な筆さばき」「境界が感知できない滑らかな絵付けのグラデーション」など造作もなく施せますし、端正なだけの人形なら自由自在に生み出せます(現に生み出しています)。

いま旅人氏はその先、傑出した技量の作家のみが挑戦できる「高い統一感を意図的に打ち破る美」を追求しています。旅人氏はそれを「ぎりぎりを目指す」と表現します。

左右対称性、均整の黄金比などが重んじられてきた西洋に比べ、確かにわが国には枯山水やいびつな茶器の名品を楽しむ文化があります。不思議なことに、アンティークのブリュやA・マルクにも、意図的な非対称、造形美の限界を目指した不均一な輪郭が見て取れます。かつての天才作家にとってシンメトリーや黄金比を極めた彫塑など容易かったはず。

しかしそれは明らかにうち崩されており、そこで生まれた調和が、130年経っても私たちを魅了するものの一つでないでしょうか。

19世紀の天才達が挑んだ「ぎりぎりの美」に、現代日本作家ならではの器用さと自由さで漸近しゆく。
旅人容子氏によれば、人形作りとは、アトリエにいながら時空を超えて旅をし、かつての作家と対話するような作業とのこと。その素晴らしい作品群をぜひご鑑賞下さい。