ビスクドールとは

ビスクドールとは ~西洋人形とフレンチドールとビスクドール~

アートギャラリーライフが所蔵している人形は、西洋人形のうちビスクドールと呼ばれる人形です。フランス語のビスキュを語源にもち、二度焼きされた磁器の顔と濡れたように光るガラスの瞳を持ち、また写実的で精巧なつくりをしています。
ビスクドールもまた複数種類がありますが、当ギャラリーの人形たちはすべてべべドールと呼ばれる子どもの姿を模したものです。これは19世紀のフランス・ドイツで作られていたもので、わずか1世紀に満たない短い期間に黄金期を迎え、やがて衰退したのですが、製造から100年以上経過した現代でも当時の姿を残すものが多く見られます。
聞きなれない方はフランス人形と呼んだ方がイメージしやすいかもしれません。

ビスクドールは西洋人形のひとつ

人形の役割と変遷

人類の歩みと共に、人形は人の生活に関わり続けています。現存する最古のものはエジプトの墳墓から副葬品として発見されたものがあり、日本でも埴輪や土偶がつくられています。これらの人形は宗教的・祭祀的な意味合いが強く、現代の子どもが遊ぶようなおもちゃとしての役割ではないようです。
人形が信仰を目的としたものから玩具としてつくられはじめたのは8~9世紀ごろのことで、当時の人形は布を素材としたぬいぐるみのようなものです。その後、14世紀ごろにはドイツにて木製の人形が子どもたちの人気を集めたとの記録があるそうです。

人形は祭祀、観賞、玩具と様々な役割を担っている

ビスクドールに話を戻すと、初期のものは18世紀末に登場しました。型押しされた髪形をもつその人形は美しくメイクも施されていましたが、瞳はガラスをはめ込んだものではなく手描きでした。半世紀後にはグラスアイを嵌めこんだ姿となり、ファッションドールと称されるようになります。
さて、この人形ですが貴族の貴婦人へ流行のファッションを伝えるという役割を担っているため、観賞用の人形にあたります。対象も子どもたちではなく、ファッションドールが纏っているドレスを購入できる身分、すなわち上流階級の大人の女性です。しかし、マネキン人形である以上、衣裳に重きを置いているため、人形自体の造形は彫刻作品ほど優れたものではありません。
人形の造形が代わる転換期は18世紀後半から始まった産業革命によるものでした。印刷技術の進歩によって、流行のファッションを伝えるというファッションドールの役割は印刷紙面に取って代わられることとなり、人々は人形美を追求することとなります。

ファッションドールとべべドール、レディドール

いつしかファッションドールは大人のプロポーションから子どもの姿をしたべべドールと移り変わり、ビスクドールの代名詞となっていくのですが、一説によるとパリ万国博覧会にて日本から出展された市松人形が関係しているとのことです。
19世紀のフランスにはいくつかの人形工房が既に開かれており、かの有名なジュモー社も同博覧会の人形部門で受賞をしたという記録があるので、市松人形の姿に影響を受けたという話も本当なのかもしれません。
ちなみに今やビスクドールと言えば幼い少女の姿をしているべべドールを指しますが、大人の姿をした人形が全く作られなくなったのかというとそうではなく、レディドールと分類され現代まで残っています。

ビスクドール文化の終わりと今なお息づくアンティークドール、現代のリプロダクトドール

19世紀後半のパリがベル・エポック(良き時代)と呼ばれているように、産業革命をきっかけに海外交流の活発化や博覧会の開催など、フランスは大きく発展していきました。ビスクドールもまた子どもの姿となり、上流階級の子女に向けて作られていくこととなります。
市原 陽子氏の人形だよりの中で、「ジュモーブックによると、EJジュモーの出荷数は60万体を超える」と記載されていることからも、人形文化の発展とその黄金期の様子をうかがうことが出来ます。

またボン・マルシェなどの大衆向け百貨店の台頭により、それまでブティックや高級百貨店でのみ取り扱われていた人形はますます多くの人の手に渡っていくこととなります。(ちなみに大衆百貨店で取り扱っていた人形たちは、それまでの販売ルートに乗せる人形よりは質が落ちるものであったり、リクレイムと呼ばれる工房のスタンプを消した人形たちだったそうです)
しかしながら19世紀末からのドイツによる工場生産された安価な人形や、第一次世界大戦による材料の供給不足、さらに大戦後のゴムやセルロイド人形によりビスクドールは作られなくなってしまいました。

20世紀初頭には様々な問題によりビスクドールは生産されなくなってしまうのですが、しかし現代のビスクドールはすべて19世紀のヨーロッパで作られたものかというとそうではありません。
現存するビスクドールは主に二つに大別され、19世紀に作られたものをアンティークドール、その後ビスクドールを愛する人形作家(リプロダクター)の手で作られたものをリプロダクトドールと呼んでいます。
当ギャラリーのお人形たちはこのリプロダクトドールに分類されるのですが、当時の工法に則り生みだされるビスクドールたちは決してアンティークドールに劣るものではありません。科学技術の進歩によりビスクドールの工法は19世紀当時より恵まれたものとなっていることから、例えばアンティークドールでは1度しか行うことのできなかったメイクは、リプロダクトドールの場合は薄く化粧を重ねていき満足のいくまで何度も焼成することが出来ます。
さらに、リプロダクターごとの解釈によって如何様にもお人形の表情は変わります。現代風の美少女もいれば、アンティークドールのお手本どおりに作られたお人形もあり、造形に手を加えることでリプロダクターが一番美しいと思うお顔を再現したお人形もいます。

リプロダクトドールの魅力は顔立ちだけではありません。
アンティークドールで広く流通しているのは女性や子どもが抱きしめられる40cmから60cm程度のサイズですが、リプロダクトドールの中にはアンティークドールにはないサイズのお人形が多数存在します。
これは①リプロダクトドールはアンティークドールを型取りしたものであること ②焼成により約20パーセントほどお人形は縮小すること により作られたもので、手のひらサイズのジュモーやブリュのお人形が生みだされることもあります。
多種多様なお人形の中から自分の好みに合わせて選ぶことが出来るのもリプロダクトドールの魅力のひとつです。

ビスクドールの生産国

ビスクドールは19世紀のフランスとドイツで作られていたもの、と最初に解説しているのですがヨーロッパでのビスクドール文化が終焉に近づいたころに日本でも少ない数ですが生産されていました。下に主な生産国と日本でのビスクドールについて簡単な特徴をまとめています。

生産国 概要
フランス フランス人形やビスクドールと聞いてイメージする姿はまずフレンチドールです。初期は澄まし顔やモナ・リザに表されるアルカイックスマイルなど、唇を結んだまま微笑んでいる造形が多く見られます。後期になるとオープンマウスと呼ばれる歯を見せて笑う造形や、キャラクタードールと呼ばれる、より子どもらしい造形の人形が登場し、表情豊かになっていきます。
主な工房: ジュモー、ブリュ、ゴーチェなど
ドイツ ゲルマン民族のはっきりとした顔立ちをしており、健康的な肌や頬の色が特徴的です。フレンチドールのような際立つ華やかさではありませんが、土地に根付いた素朴な美を持っています。
また、独特の愛らしさがあり親しみやすく可愛らしい人形が多い印象です。
主な工房: シモン&ハルビック、ケストナー、アーモンド・マルセルなど
日本 モリムラドール
モリムラドール
第一次世界大戦によってアメリカの人形市場から撤退したドイツに変わり、ビスクドールを供給したのが日本の陶器メーカーである「ノリタケ」の前身である「モリムラ(オールドノリタケ)」です。
モリムラドールと呼ばれるその人形は磁器製のヘッドを持っており、顔立ちはジャーマンドールに近いのですがどことなく日本人的な表情をしています。1915年から22年までの僅か7年間しか作られておらず、現存するドールは多くありません。あわせてモリムラドールはリプロダクトも見かけることがありません。
サクラビスク
サクラビスク
サクラビスクはモリムラドールと同じく大正時代から昭和の初めに作られていた日本製のビスクドールです。
モリムラドールやその他のビスクドールとは顔立ちが異なり、市松人形の面影を強く残しています。特徴は黒髪のおかっぱ頭に黒い瞳、白い肌、そして洋装です。もちろん明るい髪色や瞳を持っている人形もいるのですが、暗い色合いが多いようです。(青い目のサクラビスクという呼びわけをされています)
主な工房: サカイ(酒井)、ヤマダイ(山大)、シノダなど

ビスクドールとその他人形との比較

ビスクドールと混同されがちな人形のひとつに球体関節人形(BJD=Ball Joint Doll)というものがあります。その名のとおり、関節部を球体にすることで、滑らかなポージングを取ることができ、表現の幅がぐっと広がった人形です。また、球体関節人形は男女問わず様々なプロポーションと顔のつくりを持っています。
ヘッドの素材は磁器に限らず石粉粘土のほか、シリコン、レジンなど様々で特にこれという縛りはありません。関節部さえ球体であればどのような人形も球体関節人形のカテゴリーに含まれます。同様にビスクドールはヘッドさえ磁器製であればボディの素材やつくりを問わずビスクドールと分類されます。

ビスクドール ビスクドール ヘッド(お顔)の素材が磁器で出来ているもの
ボディのつくりはや素材は様々
球体関節人形 球体関節人形 ボディの関節部が球体になっているもの
ヘッドの素材は問わない
Q

メイクはやり直せますか?

A

焼成で塗料を定着しているので、一度塗ったものを剥がすことは出来ません。ヒビや欠けをリペアする際にペイントする方もいるようですが、キャストドールのように溶剤ですべて拭い取ってからの再メイクは不可能とお考え下さい。

Q

サイズはどのくらいですか?

A

手のひらサイズから1メートルをこえる大きなものまで存在します。
アンティークドールで広く流通しているのは女性や子どもが抱きしめられる40~60センチメートル、1/4~1/3サイズです。リプロダクトドールはアンティークドールから型取り後、焼成する分小さくなりますし、昨今の住宅事情も影響するのか少し小ぶりの人形をよく見かけます。

Q

ドレスやウィッグがボディに色移りすることはありますか?

A

ソフトビニールやシリコン素材をボディに使うことはないので、色移り防止策を取っていただく必要はありません。特にドレスやウィッグの水通しは素材を傷める可能性がありますので触らないほうがいいかと思います。

Q

お迎え後、時間と共に肌が黄変することはありますか?

A

紫外線によって肌やメイクの色は変わりません。よってUVカットスプレーをかけたり、暗所保管する必要もありません。ただし皮脂によって汚れることはあります。(薄めた界面活性剤で拭く方もいるようですが自己責任にてお試しください)

Q

ドールアイを交換することはできますか?

A

交換を前提としていませんが、時として外れてしまうこともあるようです。
まず初めに、ビスクドールの瞳はグラスアイを使用していますので、レジンアイやシリコンアイのような経年劣化はほぼありません。 ビスクドールの瞳はアンティークドールの工法に則って、ワックスで仮止めし、その後石膏で固定しています。オーナー様ご自身で取り外しすることは難しいと思われますが、交換修理自体は可能です。

Q

ウィッグを洗うことは出来ますか?

A

ウィッグには、①人毛製・②モヘヤ製・③新素材があります。
①人毛のウィッグによっては購入時に、「シャンプーできます」と説明されているものがあります。その場合も、ウェーブが残るかどうかはわかりませんが、再セッティングが必要と思われます。
②モヘヤは、ウェフティングに、「色移りの可能性がありますので、服に色がついてしまった場合の保証はできません」という説明を読んだことがあります。また洗った場合に、どんな感じに毛が絡まってしまうか想像できませんのでお勧めできません。
③新素材は、洗う以前に扱っているだけで絡まる傾向がありますので、お勧めできません。
いずれにせよ、アンティークのべた貼りしてあるウィッグでない限り交換は可能なので、お気に召さない場合にはウィッグ交換なさる方が安全で簡単かと思います。

Q

ドレスを洗うことは出来ますか?

A

一般論ですが、アンティークの素材については、水につけた時どのような状態になるのかは保証できません。昔の染色は、色移りする可能性があります。
また、しなやかさ、つや、手触りなどの点にもっとも優れる絹素材は、経年によりすだれのようにほどけてゆきます。
アンティークのドレスが完全な形を保っているように見えても、水につけたとたんに溶けてしまうということも考えられますので、お勧めできません。現代のお仕立てであっても、作りが複雑なものは、型崩れの可能性もあるかもしれません。コットン素材で状態がよいものであれば、アンティークでも手洗いは可能と思われます。