ビスクドールの基礎知識 サイズ編

アンティーク・リプロダクトドールどちらにも言えるのですが、気に入った作品があっても具体的な大きさが分からないことはよくあります。
〇号、FB〇〇、GB〇〇など、表記すら統一されていないため、それはいったい何センチメートルなの?という疑問は、ビスクドール初心者なら一度は抱くことでしょう。
今回はビスクドールのサイズ表記についてご説明いたします。

アンティークドールの場合

アンティークドールは号数もしくはインチで表記されていることが多いようです。
厄介なのはこの号数表記で、大きさに幅があるようなのです。ヘッドの裏側、工房のサインと共に号数を記載してある人形が多いのですが、必ずしも適合サイズのボディがつないであるわけではないようです。さらに一体一体手作りで作られているものなので、同じ10号サイズの記載でも人形によっては5cmほど大きさに違いがあることがあります。

1号=(だいたい)10インチとなっており、2号だと11インチ、3号は12インチのように、号数とインチ数が比例しています。例外として、5号と7号、10号以上は号数に対し2インチずつ増やしていきます。
10号の人形を例に挙げると、10号=21~22インチがまず求められます。1インチは約2.5cmなので、21×2.5cmから22×2.5cmとなり、52.5~55cmが人形の身長となります。

リプロダクトドールの場合

リプロダクターの多くはシーリー社の素材を使っています。シーリー社の基準はウィッグやボディの長さ・大きさならばインチ、スリップなどの重さはガロンで表示しています。
ヘッドのモールドにはそれぞれ適合するコンポジションボディのサイズ(FB〇〇、GB〇〇など)が記載されているため、多くのリプロダクターは人形の出来上がりサイズではなく、適合するボディのサイズで表示することが多いようです。

FB14と記載してある人形を例に挙げると、FBはフレンチボディを表し、数字の14はボディの長さが14インチという意味です。
1インチは約2.5cmなので、ボディの長さは14×2.5cm=35cm、これにヘッドの長さを足したものが人形の身長ということになります。
ちなみにGBはジャーマンボディを表しています。

ビスクドールの大きさ比較

写真はリプロダクトドールの大きさを比較したものです。ミレットサイズまではオールビスクボディ、10インチ以降はコンポジションボディです。具体的な数値のないミレットサイズは約30cm、ペティートサイズは約20cm、一番小さいミニチュアサイズは約14cmの手のひらサイズです。(右端のスマートフォンは約14cm、写真のボディはフレンチ、ジャーマン混在)
ただし、アンティークドールにも言えることなのですが、ジュモーは全体的に首が細く長いのに対し、ブリュは首が短く太いなどヘッドそのもののサイズが統一されていないこと、またボディもフレンチとジャーマンで身長が少し異なるので、あくまで参考値程度にお考え下さい。

関連記事
  • ビスクドールの基礎知識 サイズ編その2
    ビスクドールの基礎知識 サイズ編その2
    お人形を迎えるにあたって、サイズはひとつの要素でないかと思います。作家の旅人氏も話すとおり、大きなお人形は、面積・ボリュームの分だけ繊細なメイクや描線を施すことができ、迫力や存在感の点でも、小さな……
  • ビスクドールの基礎知識 ボディ編
    ビスクドールの基礎知識 ボディ編
    過去3回にわたりビスクドール初心者のスタッフが見聞きしたことをまとめてきたビスクドールの基礎知識ですが、本日はいよいよ後半戦となるボディについてまとめました。 当初の予定ではボディ編がラストで、……
  • ビスクドールの基礎知識 ヘッド編
    ビスクドールの基礎知識 ヘッド編
    ビスクドールのビスクは<ビス:二度 キュイ:焼く>を語源にもち、ヘッド(人形の頭部)は必ず磁器で作られています。前身であるファッションドール(ドレスメーカーが婦女子に当時の流行を伝えるために作られ……
  • ビスクドールの基礎知識 グラスアイ編
    ビスクドールの基礎知識 グラスアイ編
    ビスクドール文化が廃れて優に半世紀は経過しているにも関わらず、未だ多くの人間を魅了し続ける要因の一つに、濡れたように輝く美しい瞳が挙げられるのではないでしょうか。目の前に在りながらどこか遠くを見据……